CADなら共同で設計が可能!修正もきれいにできる!


CADで共同作業がしやすくなる

ものを作るには設計図が必要で、小さい工業製品から大きな建物や船など色々な物に設計図があるでしょう。コンピュータが登場するまではすべて手描きでしなければいけませんでしたが、現在はコンピュータが普及しさらに専用のCADソフトもあります。手描きだと小さい工業製品でも大きな建物でも1枚の部面は一人で作図をする場合が多く、描き切るのに非常に時間がかかっていました。CADはデータを共有できるので一人で作図する必要がなく、1枚の図面でも複数人で分担して描き進められ作業効率もアップするでしょう。プロジェクトごとに人の配分も行いやすくなり、急いで作図しないといけないときは大人数で作成して、急がないときは少人数で作図するなども可能です。

修正や情報の再利用がしやすい

手描きで設計図を作成するとき、間違いなく作図を終えるのは難しく途中で何度も修正が必要です。単なる間違いの修正もあれば、仕様の変更などで修正しないといけないときもありそのたびに消しゴムで消して描き直さなければいけません。設計図の中には以前に設計した内容を流用したいときもあるでしょうが、手描きだとその部分ももう一度描く必要があります。CADであれば修正は非常に簡単で、消しゴムで消すわけではないので消した後が汚くなったりもしません。以前に作成した情報の再利用はコピーアンドペーストで行えるので、その部分を一から作図する必要もありません。手描きだとそのまま写すときに間違えるときがありますが、CADならその問題も起きにくいです。

水道CADとは、上下水道に関連した図面や申請書類を作成するための作業、及び作成のためのソフトのことです。通常のCADでもできますが、水道に特化したソフトも存在しています。