目的に合わせて使い分けたい!酸洗い3選!


酸洗いって何?どんなメリットがあるの?

酸洗いとは、酸性の溶液を使って金属を洗うことを言います。金属を溶接した部分は、スケールと呼ばれる焼け跡ができたり、サビができたりしやすいので酸性の溶液を使って酸洗いすることで、表面をきれいに整えます。酸洗いしておくことで、その後の作業をスムーズに進めることができるので、金属の下地作りには欠かせない作業といえます。

酸浸漬の特徴って何?

酸浸漬は、酸化被膜やアルカリ被膜を取り除くことで金属の表面をピカピカにする方法です。酸浸漬で使用するのは、アルカリ脱脂液や電解洗浄といったものになります。この酸浸漬をおこなうとメッキが金属につきやすくなりきれいに仕上げることができます。

エッチング加工とは?

エッチングは、常温で処理されたことで起こる金属の変質を取り除くことを言います。金属の裏と表にレジストと呼ばれる保護材をあらかじめつけて加工し、エッチング液等を使って、保護材を腐食させ溶かすことできれいな金属に仕上げる方法です。

便利な酸洗いには注意も必要!

酸洗い、酸浸漬、エッチングなどの下処理を行うことで、金属がサビにくくなり耐久性を上げることができると言われています。また、金属の表面がピカピカの光沢を放ち見た目にも美しく仕上がります。ただし、作業に用いる溶液は塩酸や硫酸といった薬品もありこれらは劇薬なので、適切な取り扱いが求められます。強い刺激臭をともなうためマスクをつけていないと、めまいや吐き気に襲われることもあります。使用後は排水溝に流すのではく専門の機関で処理してもらうなど、取扱いには十分注意しましょう。

酸洗いはコストが、他の表面処理と比べ安く表面処理ができる事がメリットの一つです。また、焼け取りをする際に、他と比べ綺麗に処理ができる事や、洗浄する金属の大きさも小さい物から大きい物まで処理できます。