精神科ではどんな治療が行われるの?気になる治療方法を紹介


精神科の治療は薬物療法と面接療法がメイン

精神疾患の治療は、医師から処方された薬を服用しながら、面接を繰り返すことが多いです。まず薬を服用し、心身の状態を整えます。身体の状態を整えつつ、面接を通じて考え方や捉え方を見直していきます。

面接療法は精神科治療の要

面接療法には様々な種類があります。まず挙げられるのが医師との面接です。どのようにすれば社会でより良く生活できるか、医師と共に検討していきます。医療機関によっては森田療法・認知行動療法・精神分析といったプログラムを面接に盛り込むこともあります。面接療法を受けることで、自分の考え方を見直すきっかけになります。薬物療法ももちろん大切ですが、精神疾患と向き合う上で大切なのは、自分の考え方を把握することです。面接療法は精神科治療において、特に大切な要素だといえます。

治療プログラムに参加しよう

精神科では薬物療法・面接療法以外にも患者が何人か集まって行うプログラムもあります。他者との関わり方やストレスの対処方法を学ぶため、創作活動やレクリエーションなどに取り組みます。治療プログラムは医療機関で行われていることもありますが、保健所といった施設で行われることもあります。対象者や内容も開催場所によって様々です。集団の治療プログラムに参加することで、より社会に密接した治療が可能となります。

治療は続けることが大切

精神科で治療を受けるにあたり大切なことが、治療を続けることです。薬物療法や面接療法で一定の効果が得られると、一時的に症状が良くなることがあります。しかし精神疾患は少しのきっかけで悪化・再発する恐れがあります。治療を途中で止めてしまうと、症状が重くなる可能性が高いです。一度治療を始めたら勝手に止めず、医師の指示に従うことが大切です。

新宿界隈で働き詰めで精神的にも参っているなら、新宿の精神科を早めに受診しましょう。この地域には多くの精神科、心療内科があります。