フランチャイズ経営を始める時に気を付けたいことは?


毎月のロイヤリティの負担が少ない企業を探そう

フランチャイズ経営は、起業をした経験がない人や高額な開業資金を準備できない人にとって魅力的な経営方法の一つとして普及しています。そうした中、フランチャイズ事業を軌道に乗せて順調に収益を増やしたい場合には、毎月の本部に支払うロイヤリティの金額に注目をしてフランチャイズ契約を結ぶことが大切です。一般的に、商品の仕入れから売り上げの計算までスムーズに行えるコンビニエンスストアなどの小売業は、毎月のロイヤリティの割合が大きめに設定される傾向があります。一方、学習塾やクリーニング店などのサービス業は、収支が安定するまでにある程度の時間が掛かるものの、ロイヤリティの負担がそれほど大きくないといった特徴があります。

契約後の収支保証の有無やサポートの内容を確認しよう

フランチャイズの収支保証のシステムを導入している企業は限られていますが、一部の飲食店や小売店などでは経済的な面でのサポートを充実させることで、加盟店の数を増やそうとする動きが見られます。収支保証の対象となるケースについては、それぞれの企業の方針やフランチャイズの契約内容などによって大きく異なります。そうした中、収益を得られるまでに長い期間を要する業種や業態にチャレンジをしたい場合には、収支保証の制度がしっかりと整っている企業と契約を結ぶことがおすすめです。なお、収支保証の仕組みについて正しく理解をするには、素人にとって分かりづらいことがあるため、フランチャイズ経営の希望者を対象としたイベントに積極的に足を運ぶと良いでしょう。

フランチャイズ募集に応じる際は規約をよく確認しなければいけません。ブランド名を活かした仕事ができる反面、様々な制約が生じるので慎重に判断する必要があります。